排水処理施設の役割について

私達人間や動物は、きれいな海や川の水の恵みによって生活出来ています。しかし、毎日生活をしていると家庭からだけでもかなりの量の汚れた水が放出されています。汚れた水をそのまま海や川に流してしまうと、虫が発生したり海や川の魚や生物が生きていられなくなります。また、川遊びや海で泳ぐことも出来なくなります。そうした事にならないために、汚れた水をきれいな水にして海や川に戻す役割を担っているのが、排水処理施設です。排水処理施設では、家庭から出た汚れた水はもちろん、農業や工場などで出た汚れた水の中からごみを取り除いたり、目に見えないごみを分解したりしています。そうして出来るだけ元のきれいな水に戻しています。私達が普段きれいな水が飲めたり、お風呂に入れるのは、こうした施設の方達のおかげです。ですので、家庭でもなるべく水を汚さないよう、水を大切にしていきたいです。

排水処理施設が日本を平和に導いています

この日本のみならず、地球上の全人類にとって一番大切なインフラとは何でしょうか。交通の利便性は勿論ですが、電気やガス、携帯電話やインターネット回線などなど様ざまなエネルギー関連のインフラがありますが、その最も必要不可欠なものといったら「水」ではないでしょうか。上下水道の流通は人間が生きていく上で必要不可欠なテクノロジーであり、今後世の中がどのように変化しようともこればかりは不変な現実として社会に根付いています。その水資源・水テクノロジーの根源として常に供給事業に従事してくれている場所のひとつに、排水処理施設があります。絶え間ない下水道の循環、機能性の確保のために日本中の排水業者の方が日夜働き続けてくれているからこそ、我々日本人はいつでも水の恩恵を受けることができるというわけです。これは日本の安全神話の要素の最重要要素と言っても過言ではありません。

重要な排水処理施設の存在

排水処理施設というのは、とても重要な施設ではないかと考えられます。自然にも排水を浄化する機能はあります。それは、木々が浄化してくれたり、生物が浄化してくれたり、土が浄化してくれたりするからです。ですが、その浄化機能には限界があります。今の世の中から出る排水の量というのは、とても多いです。それは、家庭からもそうですし、企業などからもそうです。そういった、様々な場所から排出される汚れた水がそのまま自然界に流れて行ってしまった場合、自然が持っている浄化能力ではとても間に合いません。ですので、人間が自分たちで浄化してから自然にきれいな水を流す必要があるのではないかと考えられます。そういった意味で、排水処理施設の存在は、とても重要なものとなっています。もちろん、ただ単に施設に処理を任せるだけでなく、排水を少なくする努力も必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)