排水処理施設が役目を果たすために

排水処理施設では、毎日、多くの排水が処理され、きれいな水を作り出してくれています。この施設で排水をきれいにすることによって、自然界に流れていく水がきれいになり、自然を破壊したり、生き物を絶滅させるような事態を招かないようになっています。ですが、排水の量が多すぎると、処理が間に合わなくなってしまうということも考えられるのではないでしょうか。ですので、日頃から、排水を少なくする努力というのも必要なのではないでしょうか。無駄な水を流さないことであったり、多くの洗剤を使わないということであったり、自然に優しいものを使うように心がけるということが重要ではないかと考えられます。そういった努力をすることによって、排水の量を抑えることができ、しっかりと排水処理施設が役目を果たすことができるのではないかと考えられます。

排水処理施設がやっていること

最近はよく県の排水処理施設が話題となったりすることもありますが、実際に排水処理施設がどういったことをしているのか知らない人も多いはずです。そこで、排水処理施設がどういったことをしているのか教えます。まず最初にどういったことをしているのか言うと排水を綺麗な水にしています。例えば水の中に入っているゴミなどを取り除いたり、微生物の力で小さなゴミを分解したりする作業をしています。そうやって溜まった生活排水などを綺麗な水にして川に流すといった循環作業をしています。一言で水を綺麗にするといっても基準があります。魚が住めるような綺麗な水にしなければ川に流すことができないのでそういった基準に従って作業をすることになっています。なので、マンホールなどから悪臭がしないのもこう言った処理施設がしっかりと処理をしてくれているからです。

意外と知られていない排水処理施設

仕事や生活をする上で環境は大切です。環境が良ければ仕事もはかどりますし、逆に悪ければ仕事ははかどりません。ある日、仕事中に下水の匂いのような悪臭がしたので、仕事もままならない日がありました。そういった問題は誰に相談すればわからなかったのですが、まずは大家さんに相談し、その次に渋谷区に連絡しました。その後は下水道局に電話したら、職員の方がきてくれました。匂いの原因が素人にはわかりませんでしたが、職員の方がビルにある貯水の匂いではないかと教えてくれました。東京などの大都市ではビルを建築するときに貯水する場所を作り、渋谷区や新宿区で歩いていると匂うのはこの原因が多いとおっしゃってました。対応策としては、その匂いがする排気口を防ぐしかないのですが、悪臭の中で仕事をするのは効率が悪いです。そんなときは排水処理施設などに連絡をし、対応してもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)